sponsored link
    

スポンサーサイト

  • 2009.08.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


退職届けの書き方

退職届けの書き方TOP
退職届けの書き方
退職届けの書き方で注意して頂きたい点が、既に退職が決定している場合は「退職届け」として提出して問題ありませんが、退職が決定する前に提出するのであれば、「退職届け」とはせずに「退職願」とするのが一般的です。
(退職願いと、辞表は違います。よく、退職届けと辞表を勘違いして出す方もおられるようですが、正式には『退職願』です。)また、届けの書き方まで調べたのに提出してみたら、会社の規定・書き方があったなんて事にならないために、予め上長か人事に退職届けの書き方を聞いておくといいでしょう。
では、本題の退職届けの書き方に入ります。心の準備はよろしいですか?
書き方はいたってシンプル、書き方なんてないじゃないか!というほど簡単です。まずは下の、届けの書き方見本をご覧下さい。
taishokutodoke
退職届けの書き方TOP


このような、退職届けの書き方見本を参考に書くのが一番無難かと思います。
時々、最後くらい独自性を!ということでアレンジする方がいます。個人的には好きですが^^;、正式な退職ですので見本通りの届けの書き方で提出して頂くのをおすすめします。
では、添付しました退職届けの書き方見本について次項で詳細をご説明します。
退職届けの書き方TOP

スポンサーサイト

  • 2009.08.25 Tuesday
  • -
  • 17:09
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク